お知らせのページには、ホームページを補足する情報(ページ左のMenu参照)と、子育てに関して日々気付いたこと(ページ左のRecently参照)を書いています。

 文字位置のずれなど表示上の問題が一部残っていることご了承下さい。

ロタウィルス下痢症

ロタウィルス下痢症は「冬季嘔吐症」「白色便性下痢症」「嘔吐下痢症」などとも言われます。

ロタウィルスによる非常に感染力の強い病気です。
免疫のない小児では6か月~2歳くらいまでに必ずと言っていいほど罹患します。
水のような多量の下痢便が特徴で、便の色も白っぽくなることから、白色便性下痢とも言われます。
乳幼児の冬の急性の下痢症の8割以上を占めます。

感染経路と潜伏期
ロタウィルスによる経口感染です。
唾液や便などの排泄物から口に入り、1~3日の潜伏期間を経て下痢が始まります。
ロタウィルスは約1週間便中に排泄されるといわれています。

症状
急な嘔気に始まり、嘔吐が半日程度続いた後、下痢が起こってきます。
ウィルスの影響で便に色をつける胆汁がうまく分泌されず、白っぽい米のとぎ汁のような水様便が大量に、1日に何度も出ます。
37度くらいの微熱や、38℃台の発熱を伴うこともあります。

合併症
嘔吐と下痢のために脱水症をおこすことがあります。
まれに、ひきつけを起こすことがあります。

治療
ロタウィルスの特効薬はありません。
嘔吐があるときは無理に飲ませず、治まるまでおなかをしっかり休めましょう。
吐き気が治まったら吸収しやすい水分を少しずつこまめに与えてください。
腸が敏感になっているので飲むとすぐ下痢をしてしまうこともありますが、飲んだものが直行で出てしまうわけではありません。
お口から入った水分はちゃんと吸収されますので、下痢を怖がらず、下痢の分までしっかり水分を与えてあげましょう。
下痢で失われるのは水分だけではないので、お水やお茶よりも電解質飲料(OS1、幼児用イオン飲料水など)が良いでしょう。
かんきつ類は下痢のもとになるのでオレンジジュースはやめましょう。
通常嘔吐は半日~1、2日で、下痢は1週間くらいでおさまり、だんだん便が黄色くなって治ってきます。
下痢は回数が落ち着くのに1週間、形がついてくるのに1週間ほどかかることがありますが、一日5回以下に減ってくれば一安心です 。

家庭での看護法
下痢でお尻がただれやすいのでおしり拭きで拭くよりぬるま湯で洗ってあげてください。
飲める物を少しずつ飲ませて脱水を予防しましょう。
(酸っぱいものと乳製品は吐き気を誘発しますので、嘔気のある時は避けてください)
吐き気のあるときは無理に食べさせなくても大丈夫です。
水分も少量ずつ小分けにしてあげてください。
冷たい飲み物はおなかが刺激されるので、少し温めた方がいいでしょう。
嘔気が強く補水がうまくできない時、皮膚や粘膜が渇いてぐったりと元気がない時は頑張りすぎずに早めに受診してください。

水分補給については「経口補水の方法Link 」も参考にしてください。

— posted by kiyotoshi at 10:47 am  

この記事に対するコメントはありません





トップページへ
お知らせトップへ
prev
2014.9
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30