お知らせのページには、ホームページを補足する情報(ページ左のMenu参照)と、子育てに関して日々気付いたこと(ページ左のRecently参照)を書いています。

 文字位置のずれなど表示上の問題が一部残っていることご了承下さい。

アデノウィルス感染症

アデノウイルスは49種類 (分類法によっては51種類) あり、いろいろな病気の原因になります。
高熱が続き、目が赤くなる(咽頭結膜熱:プール熱)
扁桃が赤くはれて膿がつく(扁桃炎)
下痢(胃腸炎)
など様々な症状を引き起こします。

アデノウイルスの種類により流行する季節が異なりますが、最近は年間を通してみられるようになってきました。
とてもうつりやすい病気ですから、熱がある間(プール熱では解熱後2日)は、保育園・幼稚園・学校などを休ませてください。
ご家族も感染に注意してください。

目の症状が主な流行性角結膜炎では、目の充血と目やにがでます。
症状がなくなるまで学校は休ませてください。

アデノウィルスの発熱は39℃くらいの高熱が、5~7日程度続きます。
熱とのどの痛みで食欲が落ちることが良くあります。
脱水に注意し、充分に水分をとらせましょう。
乳児ではアデノウィルスによる胃腸炎で下痢が長引くことがあります。

アデノウィルスが引き起こす病気と症状
上気道炎・気管支炎 ねつ、鼻水、咳、のどの痛みなど
肺炎 乳児で稀に重症肺炎
扁桃炎 ねつ(5~7日)、のどの痛み、扁桃に膿が付着
咽頭結膜熱(プール熱) ねつ(5~7日)、結膜充血、のどの痛み
胃腸炎 嘔吐、下痢、乳児で稀に腸重積
流行性角結膜炎 目の充血、目やに、目の痛みなど
出血性膀胱炎 肉眼的血尿、頻尿、排尿痛、残尿感

アデノウイルス感染症の診断
最近は「迅速法」による検出がよく行われるようになりました。
アデノウィルスによる扁桃炎があるときには、のどからウィルスを検出することができます。
咽頭結膜熱(プール熱)や流行性角結膜炎では、まぶたのぬぐい液でウィルスを検出することができます。
腸炎の際に、便から検出することもできます。

アデノウイルス感染症の治療
アデノウィルスの特効薬は、残念ですが現在のところありません。
高熱が長引くため心配ですが体に免疫がつくのを待つしかありません。
一般的には全身状態は保たれ、肺炎や腸重積を起こさなければ自然に軽快して治癒します。
治療は対症療法になります。
風邪症状があれば風邪薬を、胃腸炎があれば整腸剤を用います。

— posted by kiyotoshi at 10:13 am  

この記事に対するコメントはありません





トップページへ
お知らせトップへ
prev
2014.9
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30